FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイが見えない

minminmeimei-1.jpg

新旧ベイブレードのおふたり、ミンミンちゃんとメイメイちゃん。この前、Gレボ以来かなり久しぶりに(7,8年ぶりくらい?)ベイブレードを見たのですが、相変わらず女の子キャラが脳の中の男の部分に訴えかけるようなデザインだったので郷愁と安堵を覚えました。
アニメで性の目覚めを体験した子どもたちが、成長してエロいデザインを世に送り出す。そしてそれを見た次の世代の子どもたちがまた目覚めるというプリミティヴかつロマンティックな循環が、キッズアニメの世界では確実に起こっていると思います。

感動的です。

今週のニチアサの感想です。

■バトスピ 
力を取り戻したマギサの初バトル。なんとマギサさん、キースピリットの魔導女皇アンブロシウス以外のカードは全てマジックとネクサスで構成されたデッキでレオンさんに挑みます。
アンブロシウスの回復効果を使ったコンボは確かに決まれば「ずっとオレのターン!」が出来て強力だとは思うのですが、それ以外の勝ち筋がないのはかなり危険な気がします。ドリームリボンの一枚でも相手が持っていたら終了ですし。
マギサの魔法パワーがあればピン挿しでも引き当てることは難しくなさそうなので、ドローの問題は一応クリアしていると言えなくもありません。しかしそれを差し引いても博打要素が高すぎるデッキですね。
マギサは「コレぐらいしないとこの先の戦いでは勝てない」と言っていましたが、「こんなことをしながら勝てるのはレオンさんが最後」のほうが的を射ているんじゃないかな、と思いました。

■ゴセイジャー
中盤のパワーアップ回。その気性の荒さから「アバレヘッダー」と呼ばれるようになった伝説のヘッダーを求めてゴセイジャーと幽魔獣が戦うお話です。
レッドが危険を顧みずにアバレヘッダーに近づき、アバレヘッダーの本当の名前を叫んだときに初めて封印がとけ、ミラクルゴセイヘッダーとしてゴセイジャーの仲間になるという話の流れは、アラタの「とにかくやってみる」という口癖ともつながっていて良かったです。いつもの「なんか頑張ってたら奇跡が起きて新たなカードを手に入れた」という流れよりも、今回のように行動と結果に関連性があるほうが僕は納得しやすいので好きです。
今回はパワーアップ回ということで新アイテムが登場します。ミラクルゴセイヘッダーは今まで大量に出てきたヘッダーの中でも一番カッコよく、アーマーもいい感じだと思ったのですが、ゴセイテンソードは柄の部分の透明な球体が妙にでかくていまひとつかな、という感想です。なんか強く押したらベコッてへこみそうで不安になります。

正直ヘッダー封印状態の剣のほうがカッコよかった…ゴニョゴニョ。

■仮面ライダーW
テラードーパント、本格的にご出陣の巻。
あの頭についてるヤツがただの飾りではなかったことにビックリ。最初に見たときはシーサーがモチーフなのかなと思ったのですが、公式サイトによるとドラゴンだそうです。立体化するとさらに恐ろしさが増して、まさにテラーといった感じでした。
前回のオールドドーパントが精神に干渉するタイプの能力を使う「仮想テラー」だったということで、普通の人間である翔太郎が今回も能力の影響をモロに受けてしまいます。実は翔太郎は園崎琉兵衛に最初に会ったときから恐怖感にとらわれ、無意識のうちにミュージアムから足を遠ざけていたというのです。特撮番組で取り上げられがちな「なんで敵の本拠地を叩きにいかないの?」という謎に正面から回答を出しているいい番組です。

今回のお話のラストで、園崎来人は12年前に死んでいたという衝撃の事実が明かされます。これは一体どういうことなのか、今いるフィリップは本当は別人なのか…? 次回も楽しみです。

■プリキュア
ファッション部の夏合宿。プリキュアではもはや恒例といってもいい「海に行くけど水着は着ない」イベントです。
ファッション部なんだからさー、水着のコーデとか教えてよー。カットアウトワンピースとか着ればいいじゃんかよー。という全世界60億のプリキュアファンの心の叫びが東映スタッフに届いたのかどうか分かりませんが、今年はクモジャキーがその鍛え上げられたたくましい裸身と、目にもまばゆい赤ふんどし姿を惜しげもなく披露してくれました。

そ う じゃ ね え よ 。

まあ、次回も合宿は続くようなので水着の話は置いといて。今回は3幹部との直接対決もありました。マリンタクトから小規模の光弾を出したり、パフュームを使って高速化した状態での全部パンチ(=フライングボディープレス)を放ったりと新技を多く見られて楽しかったです。
去年の3幹部戦と比べると今年のほうがギャグ色が濃く、新戦士加入後ということもあって割と余裕のある状態でプリキュア側が勝利を収めることができました。サソリーナさんはサンシャインの必殺技ですっかり浄化されてしまったようで、非常にかわいらしかったです。
ハートキャッチでは強大な敵のポジションにダークさんが居座っているため、クモジャキーたちはそのワリを食っている印象があります。コブラージャも顔に傷を受けて復讐の鬼と化すのかと思ったら、すっかり傷も治って空気の読める男になってしまいましたし、悪役としての彼らの未来が不安でなりません。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のイラスト
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鵜吉しょう

Author:鵜吉しょう
主にニチアサキッズタイムの感想とイラスト、そのときどきで見たアニメ、遊んだゲーム(大体テイルズ)の感想などを書くブログです。ちょこちょこ同人もやっております。

連絡等ございましたら
uyoshi235529@gmail.com
までお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。